header

北九州小倉せどり旅。うどん店二強、どっちに行く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。

40代ガラケーで副業せどりを

スタートしたフジップリンです!

 

〜今日のあらすじ〜

せどり旅の参考にしてください。
北九州小倉のうどん二強を紹介します。
今回は、ごぼう天うどんの対決となりました。

1.かかし うどん
2.資(すけ)さん うどん
3.うどん店二強、どっちに行く?

 

せどりの仕入れをしながら旅をする。

 

会社員の副業のころ憧れました。

稼ぎながら旅をするなんていいですよね。

 

今はせどりを教えるようになりました。

全国に呼んでもらっているので

せどり旅が出来ることを実証している感じです。

 

もし、せどりの旅に行くのでしたら

儲けようとしすぎると面白くなくなります。

 

旅を楽しんで美味しいもの食べて、

旅費がタダになったらいいな〜

くらいが調度いいでしょう。

 

今日はこの間仕入れ同行で行ってきた

九州小倉のうどん店二強を紹介します。

せどり旅気分で読んでください。

 

かかし うどん
https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400403/40034318/

 

こちらはコンサル生に連れて行ってもらいました。

お店の外観

 

注文はオススメ「ごぼ天うどん」

 

サバ寿司とチクワの磯辺揚げは追加です。

関東のフジップリンはあまり食べたことのない、

ほぼ透明な出汁。

 

ささがきにしたゴボウの大きなかき揚げが乗っています。

味わい深い出汁とゴボウの香りとうどんが最高です。

ウマ〜

 

恍惚となりながらスープも完食しました♪

サバ寿司はお店で作っているのでしょうか。

新鮮でこちらもウマかったです。

 

資(すけ)さん うどん
http://sukesanudon.com/menu.html

 

同じく小倉出身のチーム生に教えてもらいました。

店舗数が沢山あるようです。

小倉駅近くのお店に行ってきました。

 

入ると気になるのが、おでん。

小倉はラーメン屋でも屋台でもみんな、

おでんがあるんですね〜

 

資さんの おでん

 

大根とスジを選択。

 

おでんだけ食べに来たいくらい、これがウマい!

 

同じく、ごぼ天うどんを注文。

 

こちらの、ごぼう天はスティック上の歯ごたえ十分なタイプ。

これもなかなかいいですね〜

 

こちらの出汁の味は薄めです。

そんなときは卓上に昆布の削ったのを入れます。

 

これがまたウマ〜

ここは卓上に揚げ玉があったりカスタムする楽しさがあります。

 

軍配はどっち?

 

どちらも北九州の立ち食いうどん的なお店でした。

でもレベル高いです。

正直ビックリしました。

 

うどんの味、量で決めるなら、かかしうどんです。

おでんやおつまみなどの総合力で決めるなら、資さんうどん。

 

結果を発表します。

 

今回の勝負は

 

引き分けとします!

 

その土地では当たり前の食べ物が

珍しくて楽しかったりします。

 

せどり旅楽しいですよ。

せどりに興味がありましたら

質問でも何でも聞いてくださいね。

 

フジップリンでした♪

 

────────────────────
【メルマガだけの限定情報! フジップリン通信】
────────────────────

フジップリンコンサルの募集など
ブログでは書けない限定情報を配信しています。

★メールマガジン【フジップリン通信】への登録はこちら
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgAoDpwc

────────────────────
【フジップリンのご紹介】
────────────────────

★自己紹介
http://fujippulin.com/jikoshoukai/

★日常生活です♪

Facebook 友達申請大歓迎!
https://www.facebook.com/fujippulin

Instagram B級グルメ多いですw
https://www.instagram.com/fujippulin/

────────────────────
【コメントやお問い合わせ】
────────────────────

★コメント、お問い合わせはこちらからも
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgEvpru

心を込めて読んで熱くお答えしています!!

せどりをきっかけに自遊で楽しい人生を♪
〜40代で副業から独立〜
公式ブログ フジップリン日記
http://fujippulin.com/

fujippulin