こんばんは。

 

せどりチームで講師をしていますが、

前職のメッキ職人のさらにもっと前から

街をブラブラするのが好きな

フジップリンです。

 

コンサルの翌日にランチに誘ってもらいました。

 

前の日の、さつま飯もウマかったし

愛媛の地元メシに期待しています。

 

松山市郷土料理 楽阿弥さん

https://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38001361/

 

注文は、ひゅうが飯定食。

 

ブリなどの新鮮なお刺身が、

甘めの醤油だしの中に入っています。

卵の黄身も一緒に混ぜてご飯にかけて食べます。

01

 

ウマいですよ〜

たい飯も、炊き込みご飯のもありますけど

このタイプのも松山では有名なようですよ。

 

お腹が一杯になったら、

海行きましょう!

中年男性二人でデートですw

 

日本で一番海に近い駅。

JR下灘駅です。

d1

 

映画の撮影にもたくさん使われています。

本当に海が見たいと思っていたので

心が洗われるようないい気持ちでした。

 

お別れして行って見たかった道後温泉へ。

 

ここはジブリ映画、千と千尋の神隠しの

モデルになったと言われています。

確かに似ていますね〜

d0

 

日本最古の温泉だけあって

浴槽や建物が風情があっていいです。

 

昔のお侍さんもここで疲れを癒やしたのかな、

なんて考えながらゆっくり浸かってきました。

 

温泉の効能はこちら。

d2

 

PH9.1だそうです。

確かめてみました。

 

使うのはPH試験紙。

d3

 

黄色の紙を温泉につけて色で判断します。

結果はこの通り。

d4

 

大体PH8の後半、弱アルカリ性でしょうか。

ちなみにPH7が中性です。

実験誤差を考えると偽りなしですね。

 

なんでこんなことするかと言えば

元メッキ職人だからですw

 

サッパリしたあとは松山空港へ。

時間が空いたので最後の松山グルメです。

 

愛媛宇和島郷土料理 かどや 松山空港店

https://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38010578/

 

松山グルメが3品ついた

ほろ酔いセットで一杯やって。

 

シメのご飯は、鯛のかぶと煮セット。

02

 

大きい鯛の頭は身もたくさん、

新鮮でウマかったですよ。

 

最後にかぶとの骨、

鯛の鯛と記念撮影してごちそうさまです。

00

 

せどりのコンサルをしに行った愛媛松山ですが、

Wさんは同年代でお子さんはもう大学生。

 

せどりの話しもしましたけどね。

自分がせどりを始めたキッカケや

人生の話しが多かったでしょうか。

 

せどりしていなければお互いに

出会うこともなかったでしょう。

 

せどりの可能性を感じたり

感謝の愛媛となりました。

 

フジップリンでした♪

 

────────────────────
【フジップリンのご紹介】
────────────────────

会社員の副業から独立して人生が変わった
エピソードを楽しく毎日お伝えしています♪

★メールマガジン【フジップリン通信】への登録はこちら
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgAoDpwc

 

★フジップリンはこんな人 自己紹介
http://fujippulin.com/jikoshoukai/

 

★【メイン講師】クラスターチーム4期生のご案内

7月上旬からチーム4期生を開始予定です。
登録した方には募集の情報をお伝えいたします。
登録してもチームに入会しなければ
いけない訳ではありませんので安心してください。

クラスターチーム4期生のご案内【質問・問い合わせ】
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSdvhjw

 

★ラインみたいにお気軽にどうぞ♪
⇒メールはこちら
infoフジップリンさんて素敵!fujippulin.com
(フジップリンさんて素敵!を@に変えてください)

面白かった!感動した!もうちょっと!
昨日フジップリンを見たぞ!などなど

熱い感想、質問、相談も
お気軽にメールでどうぞ^^

 

★フジップリンの日常生活です♪
フェイスブック
https://www.facebook.com/fujippulin

 

★コメント、お問い合わせはこちらからも
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgEvpru

心を込めて読んで熱くお答えしています!!

 

せどりをきっかけに自遊で楽しい人生を♪
〜40代で副業から独立〜
公式ブログ フジップリン日記
http://fujippulin.com/