header

【ドラゴンクエスト11で使える】猪木、馬場、鶴田、長州力、藤浪【復活の呪文】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。

40代でメッキ工場勤務から副業で独立して

せどりチームの講師をしているフジップリンです。

 

〜今日のあらすじ〜

ドラゴンクエスト11が発売されました。

初代ドラゴンクエストの復活の呪文が

最新作で使えるらしいです。

復活の呪文の思い出をまとめてみました。

 

新しいドラゴンクエストが発売されました。

シリーズ第11作です。

 

初代ドラゴンクエストは昭和61年に発売。

懐かしい初代ファミコンのゲームソフトです。

家庭用ゲーム機のロールプレイングゲームとしても

初ということで初めてづくし。

とにかく画期的なゲームでした。

 

今も続くブームやゲーム史への影響を見ても

それだけのエネルギーが当時あったのでしょうね。

初代ドラゴンクエストを夢中で遊んだことが

誇らしく思えるような作品です。

 

ここからは親しみを込めて初代ドラクエと言います。

 

初代ドラクエと言えば「復活の呪文」。

どこまで遊んだのかを、ひらがな20文字でメモします。

これがメモリーの変わりでした。

 

これ、手で紙に書くんですよ。

書き間違えると復活できなくなります。笑

SDカードもUSBメモリも無い、

昭和の時代です。

 

本当は意味不明なひらがな20文字なんですけど、

裏技として広まっていた呪文がありました。

 

当時フジップリンが使っていた、

おもしろ呪文はこちら。

「猪木、馬場、鶴田、長州力、藤浪」

昭和の歴代のプロレスラーの名前ですw

 

実際には

「いのきばば つるたちようし ゆうりきふ じなみ」

これを入れるといきなり凄いレベルから

ドラクエをスタートできました。

 

ネットで調べると他にもいろいろありますね。

 

「マルカツは やっぱり世界一 だったのだよ」
まるかつは やつはりせかい いちだつた のだよ

「古池や かわず飛び込む 池の音 ばしゃ」
ふるいけや かわずとびこむ いけのおと ばしや

「東京、名古屋、大阪、北九州」
とうきよう なごやおおさか きたきゆう しゆう

 

面白いw

 

復活の呪文には予言といわれるものもあります。

SMAPのメンバー脱会や解散、

上野動物園にパンダが生まれる

をピタリと当てたらしいですよ。

 

この呪文はどうでしょう。

 

「酒井法子、小向美奈子、田代まさし、ASKA」
さかいのり こよこむかいた しろまさし あすか

 

この呪文を使うと薬草の所持量がゲーム最大の6になるそうです。笑

ホントかなw

 

清原選手も入りそうです。

好きな名前も多いので本人の復活を期待しましょう。

 

こういうおもしろ呪文、

当時はバグとか裏技とされていましたけど

開発者の遊び心だったのでしょうね。

 

昭和のローテク時代の方がクリエイターは

自分のセンス一本で勝負していたと感じます。

当時に見習うことは多いです。

 

最後に初代ドラクエ世代が

思わず感動する動画を紹介します。

可愛い女の子三人が木琴で「ロトのテーマ」演奏しています。

 

フジップリンでした♪

────────────────────
【人気無料メルマガ! フジップリン通信】
────────────────────

会社員の副業から独立して人生が変わった
エピソードを楽しく毎日お伝えしています♪

★メールマガジン【フジップリン通信】への登録はこちら
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgAoDpwc

────────────────────
【フジップリンのご紹介】
────────────────────

★フジップリンはの自己紹介 ←真面目に書いています
http://fujippulin.com/jikoshoukai/

★日常生活です♪

フェイスブック 友達申請大歓迎!
https://www.facebook.com/fujippulin

インスタグラム フォローしてください〜
https://www.instagram.com/fujippulin/

────────────────────
【コメントやお問い合わせ】
────────────────────

★コメント、お問い合わせはこちらからも
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTgEvpru

心を込めて読んで熱くお答えしています!!

せどりをきっかけに自遊で楽しい人生を♪
〜40代で副業から独立〜
公式ブログ フジップリン日記
http://fujippulin.com/

fujippulin