header

【夜勤・早朝】実は稼げる変則勤務!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブログを書くのが習慣になりつつある
フジップリンです!

 

会社員の普通の勤務時間は午前9時から午後5時です。
そこから残業して午後7時とか8時に終わるのが普通でしょうか。

ここからせどりをしようとすると、
お店の営業時間とほぼ同じなんですよね。

午後9時の閉店まで1時間くらいしか
せどりができないんです。

 

午後9時までだと、
・家電量販店
・イオンとかアピタみたいなスーパー系
です。他にもありますけど、
8時に閉店してしまうお店も多いですから。

それ以降だと
・ドン・キホーテ
・万代書店とかのリサイクル店
・ツタヤとかゲオ
に限られてきます。

 

ですので、仕事がある日の仕入れ時間は
1、2時間という感じでしょう。

 

ところが変則勤務って、
普通の人が働いている時間が
自由時間なんです。

みんなが寝ている時に働いているので当たり前ですけど。

 

チーム生の月商370万円のレツさんは
午前6時から午後3時勤務。

タクシー運転手の熊谷さんは午前4時くらいに終わってちょっと寝て、
午前10時から夕方まで仕入れとか。

話しを聞くと4,5時間は仕入れに使って
いますね。

 

時間だけを比べると、変則勤務のひとは
単純に3倍くらいは有利になるようです。

 

めっき工場勤務のころ、
生産ラインを一日18時間稼働しなければならなく
なったことがあります。

責任者でしたので、
午前2時から出社してラインを動かすことにしました。

これが大正解!

当時はもう残業しないと宣言していたので。
午前2時から出社すると午前10時半には定時で終了ですw

 

終わると工場団地に1件しかないコンビニというか商店へ

ビール購入!
凍るギリギリまでチンチンに冷えています♪

石田ゆり子さんのような笑顔のご年配の店員さんに
夜勤疲れさま〜♪

自分に乾杯していざ仕入れへ!

 

とてもいい流れで仕入れをしていました☆
今はお酒を飲んで仕入れはしませんよ^^;

 

変則時間ってやってみると
せどりも家族との時間も以外に自由なんですね。

 

変則勤務は稼げるというお話しでした〜

fujippulin