40代メッキ職人から副業で独立して
日本全国マンツーマンで店舗せどりの
仕入れ方を伝授しているフジップリンです!

〜この記事でわかること〜

購入者からの低い評価を自動削除するための方法
アマゾンに削除依頼をする時に知っておくべき4つの理由を解説しました。

まずは、購入者からの低い評価を
削除しなけれは行けない理由を説明します。

アマゾンせどりを始めるのに、
購入者からの評価はさほど気にする必要がありません。

メルカリやヤフオクでは信用のために
評価を貯めますがそこまで重視しなくても
商品は購入してもらえます。

購入するお客様は我々販売者ではなく、
アマゾンから買っていると考えている
場合がほとんどだからです。

それならば、評価は気にしなくていいのか
と言うとそうではありません。

カート獲得率に関係があります。

「カート獲得」とは?

商品を購入しようとしたときに、
自分の店舗の商品が表示されることです。
アマゾンせどりでは基本的にカートを
獲得した店舗から売れていきます。

アマゾンは顧客第一主義ですので
店舗運営の健全性(パフォーマンス)を調査しています。

その判断基準の一つが「購入者からの評価」です。

低い評価は健全性が悪い店舗運営者として
カートを獲得しにくくなる、
つまり売れなくなってしまいます。

低い評価の削除方法とそのための
4つの理由も解説しましたので、
ぜひやってみてください。

削除した方がいい評価は1から3です

アマゾンの評価は5段階です。

1が低くて5が良いという評価になります。
4と5は「良い」「とても良い」というのは
分かると思います。

問題は3「普通」。

アマゾンでは評価3は判断基準に関係無いと
していますが健全性は下がってしまいます。

評価3も削除するようにしましょう。

ということで削除するべき評価は1から3です。
4と5は評価の内容にかかわらず残しておきましょう。

低い評価を自動で削除する方法を紹介します

2018年10月から自動削除の方法が変わりました。
最新版の削除方法を解説します。

クリックするだけで低い評価を削除でるのでとても簡単。

セラーセントラル→パフォーマンス→評価の順にクリックします。

低い評価(赤字)の列の右端の「アクション」をクリック。

「対応」を選択することができるようになります。

パソコンの画面の場合。

評価1「この商品はモテない男が気休めに使うみじめな道具だと思います。」
の右端に「アクション」があります。

↓クリックすると拡大します

スマホの画面の場合

評価1「峰竜太の商品だと思って購入したところ、竜雷太のものが届きました。この商品はうんこ以下です。」
の右に端「アクション」があります。

↓クリックすると拡大します

「対応」の中の「評価の削除を依頼する」をクリックします。

自動削除に成功すると、このような画面になります。

「調査の結果、この評価はAmazonのポリシーに違反しているため、削除されました。」

これで低い評価の削除は完成です。
とても簡単ですのでぜひやってみてください!

自動削除できなかったときはどうしたらいいのか

自動削除はコンピュータ(AI)によるものと
想像することができます。

そのためか、中には明らかに
削除対象であっても拒否される場合もあります。

その場合は、アマゾンに直接連絡して削除依頼しましょう。

電話、チャット、メールで連絡します。
電話が一番早くていいと思いますが、
話すのが苦手でしたらチャットやメールでもいいでしょう。

このときに評価削除するための4つの判断理由を、
知っておく必要があります。

紹介したアクションからのワンクリックでの
削除方法になる以前は、
削除理由を選択する必要がありました。

現在はその項目は無くなってしまいましたが、
削除の基準として同じですので知っておきましょう。

アマゾンに削除依頼するときは以下の4つのどれかである必要があります。

評価を削除するための4つの理由

評価の見直しをするためのアマゾンの画面(2018年10月以前のもの)

・表現
・個人情報
・商品に関するフィードバック
・フルフィルメント by Amazon(FBA)の評価

の4つが評価削除の対象です。

一つづつ解説します。

1.表現:フィードバックに卑猥な言葉が含まれている。

「卑猥は言葉」の意味は広く考えて大丈夫です。

社会人としてマナーに反するような言葉は
全て削除対象であると考えて申請しましょう。

先程の画像の
「この商品はモテない男が気休めに使うみじめな道具だと思います。」
「この商品はうんこ以下です。」

では、「モテない」「みじめな」「うんこ」は
卑猥な表現として削除依頼しましょう。

本当に卑猥かどうかではなく、
マナーとしておかしいニュアンスの言葉は
削除対象として依頼します。

2.個人情報:フィードバックに、Eメールアドレス、氏名、電話番号といった出品者の個人情報が含まれている。

我々販売者の店舗名、販売者の名前、
メールアドレス、など個人情報
少しでも書いてあれば削除できます。

3.商品に関するフィードバック:フィードバック全体が商品レビューである。

「この商品はモテない男が気休めに使うみじめな道具だと思います。」

この場合はコメント全体が商品レビューですので
削除することができます。

使ってみたけどイマイチだったとか、
思っていた色と違うなどもそうです。

商品の解説やレビューによる評価は
意外に多いので削除することができます。

4.フルフィルメント by Amazon(FBA)の評価:評価はAmazonが対応した注文の出荷、またはカスタマーサービスに限られます。

この「FBAの評価」はかなり拡大解釈して
削除理由にすることができます。

「到着が遅かった」などFBAの対応全般が
これに当たります。

「パッケージが汚い」なども
FBAの倉庫で汚れたのではないか
と主張することもできます。

FBAを利用して販売していればこちらを
理由に削除依頼することが可能です。

自動削除は1回まで。削除依頼は何回でも可能。

アクションからの自動削除は
1回しか行うことができません。
ダメだった場合に繰り返しても結果は同じです。

こういう場合はアマゾンに直接連絡して削除依頼します。
直接依頼するのは何回でも可能です。

一度ダメだったとしても気にしなくて大丈夫。

アマゾンへの問い合わせや依頼は
同じ内容であっても回数に制限はありません。

担当者によって対応が違いますので、
削除してもらえることもあります。

「クリスマスやお盆正月、深夜は削除できる」という都市伝説!?

せどらーさんの間に伝わる都市伝説がこちら。

昼間よりも深夜。
クリスマスやゴールデンウィーク、お盆やお正月。
この期間はアマゾンでも人手が不足して自動削除されやすい!

というホントかどうか疑わしい噂が
当たり前のように広まっています。

誰も答えを知らない都市伝説w

実際は昼間でも平日でも自動削除は
以前から機能しています。

でも、どうしても削除したい評価なら
考えてしまいますよね。

信じるかどうかはあなた次第!笑

自分は信じていません^^

最悪の評価はこちら

消えづらくて、せどらーさん泣かせなのがこちら。

「ありがとうございました。」評価3

お客様も満足してくれているのに、
削除理由が一つもなくて、
健全性が落ちる、
まさかの評価3。涙

これをもらったら、あなたも一人前のせどらーさんw
せどりあるあるで仲間に笑ってもらいましょう。笑

アマゾンに直接連絡しても
理由が無いので削除してもらえないパターンw

自動削除できるといいですね^^

商品に関係なく悪い評価は一定数あります

新品でどんなに良い商品を販売していても
悪い評価やクレームは一定数あります。

我々せどらーは、アマゾンが先に
対応してくれますので本来はもっと多いはず。

リアル店舗のサービスカウンターを
想像すると理解できるでしょう。

問い合わせ、謝罪、返品、返金など
本来はこちらが全て対応しなくてはいけない業務です。

代わりにやってくれるアマゾンFBAは
本当に素晴らしいシステムだと感謝しましょう。

「アマゾンさんありがとう」くらいに
思っていてもいいかもしれません^^

頑張っても消えない評価は仕方ないです。
いい評価を沢山もらって目立たなくしましょう。

100件くらい良い評価が集まると
悪い評価をもらっても健全性はそんなに
変わらないので気にならなくなります。

評価削除まとめ

自動削除でダメだったら、
アマゾンに直接削除依頼します。

このときはできるだけ丁寧に
理論的に対応することが大切。
感情的なやりとりは論外です。

今回は削除方法を紹介しましたが
本来はお客さまへの謝罪が優先です。

しかっりとした対応でお客様から
評価を削除してもらえることもあります。

お客様への謝罪
→自動評価削除
→アマゾンに評価の削除依頼
→お客様への評価の削除依頼

という流れがいいでしょう。

悪い評価はいつになっても嫌なものです。
冷静に慌てずに対応していくことが大切。

モチベーション下がると一番大切な
仕入れにも行きたくなくなりますからね。

無料ですけど、こちらも役に立ちます。

せどりで「稼げるプレゼント」を差し上げています。
すぐにメールでお送りしますので、この下で登録してください。

せどりの悩みやご相談は、ブログ内のご相談窓口からお気軽にどうぞ。

フジップリンでした